使い道をしぼればまだまだ現役

さきほどでてきたフラッシュ式の脱毛器、さらっとみるとそれだけでいいじゃないかと思ってしまいます。
でも脱毛器には、フラッシュ式が活躍する前には、レーザー式が一般的でした。
こちらのタイプは、エステなどでもよく使われている脱毛器なんですよ。
家庭用となると出力も控えめですが、脱毛効果が期待できないわけではありません。


レーザー式の脱毛器は、毛根などをレーザーから作った熱を利用して壊していきます。
毛根にダメージを与えることによって、発毛のサイクルを抑えて抜けやすくします。
発毛しづらくなるので、目に見えて毛の量が減ったり色が薄くなったりと、実感しやすいんですよ。
肌へのダメージの少なく、続けていけばいくほど毛の処理も楽になっていきます。

フラッシュ式よりもレーザーの方が目に見えて効果がわかりやすくなっています。
しかし、このタイプは充電式のものが多く、しばしばコンセントつなぎっぱなしで処理したりします。
また本体の重量もそこそこあり、小回りが効かないというデメリットがあります。
充電が使えなくなると、本体そのものを交換しなければいけないので、お財布へのダメージもあります。


それでも一年中脱毛していたいのではなく、夏だけワキを処理したい、腕や足だけを処理したい。
限定的に脱毛をしたいのならば、レーザー式でも充分効果は得られます。
照射範囲が少なくとも、広範囲を目的としなければ問題なく、人によって痛みは慣れてしまいます。
特定の部分だけなら、レーザー式でも、熱電式の脱毛器でも好きな方を選ぶのがいいですよ。
几帳面に処理をするのでなく大雑把でもいい、という人は熱電式でも気にならない人も多いです。

注目コンテンツ

banner 人気はバリバリ、光はやさしく

詳細はコチラ

banner 使い道をしぼればまだまだ現役

詳細はコチラ

banner 熱電式、ずばり脱毛ではありません

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 脱毛初めは自分にあった器具選びが一歩. All Rights Reserved.